fc2ブログ
木と草の違いは・・・
こんにちは、店長です。

季節はずれの雪で、ゆっくりできる日曜日でした。しかし、30cm近く降り積もった雪で春の作業の遅れが気になります。

さてさて、こういった仕事をしていると個人のお客様から植物についての質問をよく受けます。

“コニファーって何?”

とか

ってどう違うの?”

とか・・・。

シンプルな質問ほど答えに窮する事があります。

の違い、それは茎の中の質部が発達し幹となるのがで、茎が発達しないものが。もちろん例外はありますが・・・。”

カナダから輸入したモミめばえを見ていて、

20070415174332.jpg


“これはか?”

と昨日は自問自答していました。確かに芽生えの状態は木質部がないのでともいえます。いや、まわりに生える雑達より成長が遅い分、草よりかよわい存在です。

しかし、しばらくモミめばえを凝視していると、

“いややっぱり、これは木だ。今このピートパンの上には小さな森が生まれているんだ!”

という気持ちになりました。

ナーセリーという場所が、“森と生まれるところ・・・”といわれる所以です。

↓ブログランキング参加中!よろしければポチっとお願いします。

スポンサーサイト



  
コメント

こんにちは。遊びに来ました!この「芽」かわいいですね~。こんなことをされていたのですね。これは当然「種」を輸入して育ててるのでしょうか?面白そうなお仕事ですね。FarwestShowでは、取引できそうな会社を探しに行かれるのでしょうか?なんか夢があっていいな。でも、家でもクリスマスツリーはフェイクです(笑)。店長さんはどういった形で木を売られるのかはわかりませんが、あの頭だけ切り取られたモミの木とクリスマスが終わって大量に捨てられていく木がかわいそうで一度も生の木を買ったことがありません。あれを根っこを残して終わった後は植樹していったらどんなに良いだろうに...といつも思います。
どんな大木も最初はこの写真のようにちいさな芽をだすところから始まっているのですよね。信じられないことですが。この芽がもっと大きくなったらまた写真UPしてくださいね。
deskcrits│URL│04.17. 07:10 [ 編集]

コメントありがとうございます。
これから販売するツリーは、全てポット仕立。植樹の構想も個人的な頭の中にはあります。都会でクリスマスを終えたツリーが、北海道に植えられツリーの森を作る。それを家族そろって夏に見に来て、夏の幾日かを過ごす・・って言うのもいいなあと考えています。
北米のリアルツリーは、ちゃんとしたリサイクルの仕組みが出来てるようですよ(CO2換算のですが)。
クリスマスの時期に子供たちが本当の木に触れるっていう機会(枯れていくということも含め)を作ってあげるのもまたいいかなあ・・・。
店長│URL│04.17. 08:13 [ 編集]
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://tokachisantalandtree.blog78.fc2.com/tb.php/79-244ab907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)